株式会社岡永

お酒のある〈豊かな暮らしと食の文化〉をプロデュースしています

代表取締役社長 飯田永介

 人が生きるうえで、もっとも大切なもののひとつが「食」。その「食」を彩る名脇役がお酒です。日本人が永い時をかけ見極めた旬の食材、営々と築き上げてきた各地の多彩な料理。そんな食文化を引き立て、食の時間を豊かに演出するお酒。家族や友人、同僚など、人と人を結ぶコミュニケーションを盛り上げてくれる楽しいお酒。時には感動すらもたらす「食」は本当に素晴らしいものです。私たちはそんな様々な「お酒のあるシーン」をプロデュースしています。
  安全であることはもちろん、高品質で美味しいお酒をお届けするシステムを追及しています。ひとり一人のお客様の日々の暮らしに潤いをお届けするとともに、豊かな「食の文化」としてお酒と食の奥深さを探求し、未来に伝えることを使命と考えています。

代表取締役社長 飯田 永介

会社沿革と日本名門酒会のあゆみ

西暦 年号 事柄
1991 平成
3年
3 第1回加盟時研修会開催
4 EU、香港、タイ、シンガポールに進出
1993 平成
5年
8 本格焼酎「かめ仕込み」の発表。(かめ仕込みの言葉が初めて流通で使われる)
10 「かめ仕込み本格焼酎」商品群として8銘柄発売
1994 平成
6年
4 飯田博 代表取締役会長、飯田永介 代表取締役社長就任
7 全日空国際線エコノミークラスを含め全クラスに名門酒サービス
1996 平成
8年
5 アメリカ主要7都市で市場開拓ツアー(17蔵参加)
1997 平成
9年
5 ヨーロッパ市場開拓ツアー(13蔵参加)
1998 平成
10年
2 「第1回立春朝搾り」開華蔵元で実施(初めての参加型体験企画)
10 第1回東京大試飲会「日本酒天国」
日本名門酒会消費者向け公式サイト立上げ
11 中国上海に進出
1999 平成
11年
4 「一年52週の生活提案」スタート
2001 平成
13年
9 日本名門酒会「情報ネット」開始
12 「日本名門酒会文庫」〈月の桂〉発刊
2002 平成
14年
1 台湾で初の名門酒試飲会。輸出開始
2 WEB受発注システムスタート
2003 平成
15年
10 直送小口物流開始(メーカーから加盟店への直送)
〈日通〉と業務提携
2004 平成
16年
10 日本名門酒会発足30周年記念「全国大会」20日に両国〈國技館〉にて開催。21日「東京大試飲会in國技館」開催。両2日間で5,000名の集客
2005 平成
17年
5 ソウルにて日本名門酒会大試飲会開催
6 平成3年輸出開始の香港市場での市場開拓試飲会(シェラトンホテル)香港市場での日本名門酒会のエポック的試飲会となる大盛況(メーカー15社参加)
2006 平成
18年
2 飯田本部長辞任し創設者「最高顧問」に就任。新本部長に飯田永介(株)岡永社長が就任
3 北京にて試飲会開催
10 タイ・バンコクで初の日本酒大試飲会開催
2011 平成
23年
5 東京支店を岡永ビル内に移転
2016 平成
28年
2 立春朝搾り285,000本突破
       
西暦 年号 事   柄
1884 明治
17年
 


 戦前の岡永

創業 日本橋馬喰町で初代 飯田永吉が味噌・醤油・酒の小売業を始める。屋号は「岡本屋」
2代目 飯田紋治郎 屋号を「岡永商店」に変更。卸売業に転業

1949 昭和
24年
7 株式会社岡永商店設立
1965 昭和
40年
1 新社屋(現在の岡永ビル)完成
1970 昭和
45年
1 商号を「株式会社岡永」に変更
1971 昭和
46年
3 飯田博 代表取締役就任
1975 昭和
50年
2 「日本名門酒会」発足(同5月に発会式)
1976 昭和
51年
3 取締役副社長 飯田保 辞任し天狗チェーン株式会社代表取締役の職務に専任
1977 昭和
52年
2 情報誌創刊
1978 昭和
53年
4 第1回日本名門酒会「友の会」開催(日本橋三越)
1979 昭和
54年
9 加盟店500店になる
1981 昭和
56年
5 第1回支部長会議開催
9 飯田本部長「石川彌八郎賞」受賞。「清酒流通ルートの近代化と販売技術の向上」への貢献が認められる
1982 昭和
57年
2 マーケティングコミュニケーションズ エグゼクティブインターナショナル 1982年度 最優秀賞を日本名門酒会として受賞
1983 昭和
58年
10 飯田本部長「名酒発掘物語」出版
1984 昭和
59年
5 日本名門酒会ニューヨーク支部発足 アメリカへの本格的な輸出開始
10 10周年記念総会(椿山荘)
1985 昭和
60年
2 「会員店」改め「加盟店」に名称統一
10 日本名門酒会「品質管理委員会」設置
1987 昭和
62年
11 飯田博 黄綬褒章受賞
1989 平成
元年
6 アンテナショップ岡永倶楽部オープン
1990 平成
2年
1 アメリカで名門酒のテイスティング開催

「日本名門酒会」創設の想い

ペンタゴン
日本名門酒会(含む愛飲家)の連携

 「日本名門酒会」は“良い酒を佳い人に”をコンセプトに、日本酒の復興と流通主導の日本酒専門店業態の確立、及び消費サイドにおける日本酒の啓蒙を目指して、故 飯田博((株)岡永前会長)が昭和50年2月に発足させました。
 会を構成しているのは、良質な酒造りをしている蔵元と、日本酒を愛好する消費者に熱意をもって良いお酒をお届けする加盟店(酒販店)と、情報や物流面でエリア内の加盟店をサポートする支部です。その数は、現在メーカー約90社、加盟店約1,750社、支部約20社となっています。
 「日本名門酒会」を構成する蔵元、加盟店、支部、日本名門酒会本部は、それぞれが質的向上に向けた弛まぬ取り組みを継続すると共に、相互に連携しながら、愛飲家も交えて時代に合った日本酒の文化を創造していくことを創設来共通の目的としています。